中華人民共和国への旅

!Hola!(こんにちは)


今年もガンガン旅して

経験値を増やそうと思っております。

ということで、2016年の一発目の旅は

中華人民共和国。

首都の北京。



中国へは、台湾が最初で、

2008年の東南アジア自転車旅のときの香港。

そして、広州から南寧、そして、ピンシャオからベトナム

1200kmほど漕いだのですが、

首都は行ったことがなかったので

初です。



ちょうど、留学している友達が北京に居たので、

救援物資を届ける目的でもありました。



観光もしましたが、

なかでも万里の長城は見ごたえありました。

というか、登りごたえありました。
image





観光客もいっぱい居ました。

冬はシーズンオフなので、夏はもっと人が多いことでしょう。

万里の長城らへんは標高があるので、

激寒で、さらに風が強かったので

本当に痺れるほど身体が凍りました。




けれども、万里の長城ダイビングキャッチだけはしておきました。
image






こんな壮大な景色が見られます。

ここから1万2000kmも続いているなんて、想像もつきません。
image





北京市内の屋台では、

こんなものまでありましたが、

勇気が出ずチャレンジできませんでした。


image




宿泊地はいつもは安宿なのですが、

今回は友人らも泊まるとのことで、

五つ星をGET。

そうしたら、ジムが完備していたので、

思わず2人でワークアウト。
image




前門(チェンメン)では、

昔の中国の町並みを再現したストリートがあり、

路面電車も走っていて、

ツーリスティックではあるものの歩いていて楽しいものばかり。
image





どうしても、食べたかったウイグル料理のレストランも発見しました。

羊肉が好きなんですよね。
image





飛行機は何時間でも乗れちゃいます↓
image

2016年の幕開けです

Feliz ano nuevo!(新年あけましておめでとうございます)




更新が滞ってしまいましたが、

無事に生きていました。

昨年は11月の怒涛の撮影から、

12月は比較的ゆるく過ごし

なんとか体調も崩さずに新年をむかえることができました。




2015年は思いのほか仕事も順調で、

ムービーの撮影が圧倒的に多く

さらに女性誌が想像以上に増え、

カタログ、広告などは定期的なクライアントさんが呼んでくれたので

楽しくモデル業を営んでいたように思います。




今年もモチのロン、
モデルの仕事が増えてくれることが

目標でもあり、

ライター業も定期的にあることが

さらなる安定にもつながり、

そして、トレーナー業務という新たな仕事を

どう展開するかがカギのような気がしています。




年始は

アウトドアアクティビティに

あっちこっちと行っておりました。

とくにこの船持ちになってからは

パックラフトが楽しみの一つに加わりました。

人生初のドライスーツ。

モンベル製のセットアップ。まったく水が入りません!

この日は暖かったけれど、冷たい海でもなんのその。
image



ライフジャケットも新調。

リバーランナーという前にポッケがあるモデルです。

由比ガ浜沖まで出ると江ノ島も富士山もくっきりと見えましたし、
image


海の水もキレイで、キラキラと光っていました。
image




暮れにはトレイルランや

ビーチランで走りまくって、

さらに年明けは、MTBにオートバイに

2輪も絶好調。

自転車乗りに行ったあとに、モデルREN君と吉野家初め。
image






2016年も楽しく過ごしたいと思います、

それを小出しでもお届けできればと。


もちろん、

みなさまのご多幸をお祈りしております。

今年も応援よろしくお願い致します!

台湾の旅

你好!(こんにちは)




オーストラリアのあと

サイクルモードの興奮冷めやらぬまま

再びフライトが迫っておりまして、

今度は台湾ロケに出ました。




また、空港に居る自分。

今年は、よく同じところに連続的に行くことが多々あって

笑えます。

談合坂に週4回集合したり。





さて、台湾はおよそ3時間半くらいで着いてしまうので

海外という感覚は薄いまま着陸します。




でも、空港を出たら気温は夏に近くて

テンションが上がります。




チョウさん、リンさんがアテンドしてくださって

チーム88というツーリンググループに混ぜてもらって、

阿里山(ありさん)というところに行ったときの写真。
image


途中でダートがあり、そこはちょっと四苦八苦。

僕はダートのほうが好きなのでルンルン。
image



原住民の村に行くと、

雰囲気のよいカフェがありました。

ケヴィンさんとそのご家族と記念撮影。

チーム88の最若手です。(左ね、歳は二個上)
image


そのカフェの女性が、ウチに『さちこさん』が居るから来て

といって村の奥地へとスクーターで連れて行ってくれて、

一人お家にお邪魔して来ました。




すると、流暢な日本語で「いらっしゃい」と。

かつて日本が占領していたときに、日本語教育をされ、

高齢の方なら日本語がわかる、なんてガイドに書いてあることは本当だった!
image


こんなトタンでできたお家でした。

image


台北の摩天楼とは真逆な田舎の小さな村。

自分の旅を回顧してみると、ラオスでも、カンボジアでも、

メキシコでも、グァテマラでも、ネパールでも、バングラでも、

結局、田舎の道を走っていたことが

ほとんどで、人さえ居ないところを自転車で漕いだんだよなあ。

なんて懐かしく思ってしまいました。

そして、お家に招かれることもすごく多くて、

日本じゃ考えられないような、ご家族紹介が始まって。

結局ご飯までごちそうになっちゃうなんてことも。






僕はよく招かれるタイプのようで、

たくさん経験しました。

その節は、ありがとうございました。

自転車旅ならではの出来事ですね。

きっとバックパッカーではこうはいかないでしょう。




そんなこんなで素敵な

ツーリングとなりました。

今回はモーターサイクルのほうでしたけどね。

Noosa Triathlon 2015参戦

!Hola!(こんにちは)



BLOGを楽しみにしている人が居るというのに

更新せずにスイマセン。

しばらく海外を転々として

サイクルモードに出演して、

あっという間に11月も後半戦に突入していました。

早いですね。



まずは、オーストラリアのNoosaで行われた

ヌーサトライフェスティバルに参加して

無事に初トライアスロン完走したご報告から。




今年の目標として

米国のスポーツトレーナーの資格を取ること

トライアスロンを完走して、

そのトレーニングのメカニズムを身体で勉強すること

この二つが完遂できました。




タイムは

まったく満足していませんが

初のトライアスロンで、しかも海外レース。

さらにアウェイな場所で、アジア人がほとんどいない会場

ゴールドコーストから約3時間の車運転などを

考えれば、完走しただけでも及第点を与えてもいいのかもしれないと

勝手に思っています。

とはいえ、いろいろな人のサポートがあってのレース完走だったので

今回は感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました!

タカシくん、ケイさん、じゅーちゃん、なあちゃんに感謝感謝です。




会場には1000台以上のTTバイクと、

選手、その家族、友人などなど。

大賑わいで、軽いお祭りでした。

それもそのはずヌーサビーチは

リゾートしても有名で海がめちゃくちゃキレイで

のんびりするのにも最適な場所なのです。



トライアスロンは日本の海ではなく海外の青い海で

泳ぎたかったのが本音。(だからあえての海外レース)

スイムはとにかく苦手なんですが、

魚と一緒に泳げて、透き通った海水は

入っているだけで幸せでした。

2015-10-31-13-05-29



2015-10-31-13-11-45



2015-10-31-13-29-35



大会本部から写真を購入できるシステムがあって、

ゲットしました。

ちゃんと頑張っている写真です。
1175_065095



季節的には初夏。といっても、25℃以上あったので、レース中は暑かった!



ヌーサトライフェスティバルはオーストラリアドルで290ドルくらいだったかな。

レースフィーが。

それと、飛行機代が往復7万円くらいだから、

生活費と足しても、15万円以下ではいけますね。

海外の旅も、海外のレースも、海外の野球観戦も、海外の登山も、海外の展示会も、

とにかくなんでも

日本列島を無視して、グローバルに遊んでほしいんですよね。

みなさまにも!

もっと、地球規模で遊ぼう!って。

それを具現化していきますよ。



Noosa Tri Festivalは、

世界的にも有名なトライアスロンで

お祭りと思えば、行く価値もあるはず。

英語のみで日本語も通じないけれど、大会要項もすべて英語だけど

それを調べて、現地で話をして、いろいろ経験することが

すごーく勉強になるんですよね、僕にとって。



ちなみに、ヌーサには

美味しいジェラートのお店もありましたよ!

すごく濃厚で、それでジューシー&ヘルシー。

まるで果物を食べているんではないかと錯覚するほど。


そんなこんなで、みなさまも秋を楽しんでくださいね、

Have a good trip!!



また、ちゃんと更新するようにします。

SEE SEE MOTORCYCLE & COFEEE

!Hola!(こんにちは)




世の中は、空前の林道ツーリングブームです。

ウソです。

盛りました。




いや、とはいえ、

DEUSの日本上陸

などトラッカーブームを牽引する何かが

発生しているのはたしかで。

どでかいSSやアメリカン、ツーリングモデル、はたまたアドベンチャーモデルが

先進国の富裕層向けの遊びとして定着しているさなか





結局、お金がなくても楽しめるじゃん、とか

オフロード走っているほうが楽しいじゃん、とか

オフロードで走る技術のほうがスポーティーじゃん、とか

そもそも、日本列島は400ccで充分よねえ(250ccでももちろん)、とか

軽いバイクって気軽よね、とか。




ファッションやら、サーフやら、自転車やら、

いかにお金をかけないでカッコイイライフスタイルを送れるかと考えたら

やっぱりオフ車だった。

なんてことが多々あるわけで、

この流れが来ているのかと分析しております、勝手に。




そんな中で女の子ライダーは、非常に賢くて

身の丈にあったモーターサイクルを選んでいて

さらに、ファッションとしても、ライフスタイルとしても

うまく合わせているのが本当に素晴らしいと思います。
mn79_FB


MOTO NAVI 12月号は
ガールズライダー特集です。
ぜひ、お買い求めくださいませ。




その点、オトコはレースで速いだの、

値段が高いだの、

エンジンが大きいだの、

身の丈に合っていなくて、背伸びしかしておらず、

ツンツルテンでアドベンチャーモデルなどを街中でフルパニアにして乗っていたり、

(勝手にアメリカ横断してくださいよ)

スーパースポーツでツナギ着てその辺走ったりと

(ちゃんとサーキット行ってくださいね)

まあコスプレ感が強くて、なんだかなあ、なんて思うこともしばしば。

(ちゃんとライフスタイルに合わせて乗っている人も居ますよ。)





前置きはさておき

SEESEEMOTORCYCLEの記事をMOTO NAVIで書きました。

このシーシーモーターサイクル&コーヒーは

ライダーズカフェとカスタムショップとウエアショップの融合的なお店で

地球上で唯一のトラッカーズパラダイスカフェと言っても過言ではないのです。

だから、アメリカのポートランドに行ったら、まず先に訪れ、

むしろ、ここだけ5日間くらい通いつめて旅を終えるのもいいと思えるほど

居心地も抜群です。



どちらかというと、オフロード寄りの感はありますが、

ダートトラッカー、デュアルパーパス、ビンテージモトクロス

そんな雰囲気の色が強いのはもちろん、

SS、ツーリング、スクーターなどなんでも来ます。

まああとは記事を読んでくださって、感想等を編集部あてか

こちらのBLOGにくだされば幸いです。



旅をして、原稿を書いて、それで写真を撮って、英語で会話して、(少し翻訳もして)

面白いものを見つけて、日本の文化と照らし合わせて、それを発信するスタイルは

山下晃和の得意分野ではあります。

モーターサイクル、バイク(自転車のことね)、アウトドアこの辺は

大好物ですね。



使わなかったカットも載せておきます。

ペンタックスK-xという数年前の一眼で撮っています。

IMGP8822


IMGP8832


IMGP8833


IMGP8839


IMGP8842


IMGP8853


PEF


IMGP8903


MOTO navi(モトナビ) 2015年 12 月号 [雑誌]
ボイス・パブリケーション
2015-10-24



MOTO NAVI (モトナビ) 2015年 12月号 [雑誌]
MOTO NAVI (モトナビ) 2015年 12月号 [雑誌]





アメリカのシアトルMt.レーニア記事

!Hola!(こんにちは)


調子はどうですか?

僕はもう時間があまりにも無さ過ぎてタイヘンです。

こちらのモノマガジンに

シアトルのMt.レーニアの登山記事を書きました。

と、これを書いた数日後に

創始者の1人スキップヨウエル代表がご逝去されました。
10081047_5615cb4e9e3bb




Mt.レーニアに登頂したあと

直筆の手紙を受け取っていたので

非常に残念です。お悔やみ申し上げます。

ジャンスポートというアウトドアバックパックを

この世に生み出してくれた方です。



アメリカのアウトドア文化を成熟させてきたと言っても過言ではありません。

渾身の記事をぜひ読んでみてくださいね!


モノマガジン 2015年11/2号
ワールドフォトプレス
2015-10-16



mono (モノ) マガジン 2015年 11/2号 [雑誌]
mono (モノ) マガジン 2015年 11/2号 [雑誌]

復活!Bicycle NAVI

!Hola!(こんにちは)



バイシクルナビは休刊しましたが、

蘇りました!

日本、はたまた先進国はロードバイクという

スポーツが当たり前のように

受け入れられ、ロードバイクががぜん人気になりました。

ロードバイクだけではなく、ファッション、ツーリング、通勤通学などの

ライフスタイルバイクを扱う

バイシクルナビはいったんおやすみしました。





ところが、

河西編集長の気合と生き様で

ライフスタイルとヒトを中心とした読み物で構成される自転車雑誌となりました。

僕はMOTO NAVIの読者で

そこからモデルをやりたくて、売り込みに行った身で、

バイシクルナビでモデルをやるようになるとは思ってもみなかったのですが、

その後、モーターサイクルよりも自転車に興味を持つようになり

世界を旅し、そして、本を出し(自転車ロングツーリング入門:実業之日本社は宣伝)

気づいたら、MOTO NAVIよりも仕事としても遊びとしても携わるようになっていました。



休刊のショックは相当でしたが、

自転車に乗り続けてさえいれば

きっと発信できるだろうと。



こんなに早く生き返るとはビックリです。




今回はコラムを書きました。

自転車と旅について。

ほかにもいろいろ豪華なキャスト陣のストーリーが読めるので

おすすめです。

image

セロー30周年ミーティング

!Hola!(こんにちは)



北海道のセロー30thミーティングから

3ヶ月が経ってしまいましたが、

今年最後の、というか10年の区切り最後のセロー30thミーティングに

行ってまいりました。

通算2回目です。



どれだけセローが好きなんでしょうね。

image


120台集まったそうです。

根強いファンが多いモーターサイクルです。




セローは災害時もエレクトリックモーターサイクルとして稼働できる

カスタム車が展示してありました。

僕も、モトフィズのツアーシェルケースに、菓子パンを満載にして

被災地に救援物資を届けようと考えています。

もし震災等が起きたら。
2015-10-18-09-29-55


2015-10-18-09-30-07





そして、僕のくだらないブログを読んでくださっているという

Tさんを載せます。

ありがたいですね。
2015-10-18-09-39-31


超絶人気の30周年限定カラー。

アドベンチャースクリーンのパイプ部分をメタリックシルバーに塗るというこだわりよう。

カッコイイです。
2015-10-18-09-38-59




セロートレッキング午後の部では

紅葉が素晴らしい標高1300m近い山あいまで走らせました。

けっこうガレていて難しかったですが。
2015-10-18-15-05-31



2015-10-18-21-09-07


photo by やまちゃん Thanx!


セロー225と250の開発者の話。

松下時子さんの林道ツーリングHOWTOの話など盛り沢山な内容でした。

来年もまた違う形でオーナーズミーティングやらないかなあ。



ひたすら、ポートランド発のスタンプタウンコーヒーを淹れる私。

挽きたてを富士山バックで飲むと卒倒しそうなくらい美味いです。
2015-10-18-21-46-32

THOMPSONはベルギーのバイク。

!Hola!(こんにちは)




久々の更新になってしまいましたが、

秋も深くなってきて、

先日の八ヶ岳ロケでは気温が3℃になりました。

真冬もいいところですね。




原稿は昨日すべて締切前のものは

済ませることができました。

なかなかな作業でしたが、

世の中に1人でも多くのアウトドア愛好家やスポーツ愛好家が増えてくれればと

思って、気合を入れました。




さて、ロードバイクの話。

ベルギーの老舗自転車ブランド

トンプソンの展示会ではパネルになっている山下が居ます。

いま日本国内はさまざまなヨーロッパブランドが入ってきていますが

正直何を選んでいいのか分からないですよね?軽いのはもう当たり前なので。

僕が選ぶなら、まずは耐久性

これに尽きます。

それで、デザインが格好よければ最高です。(デザインは好みがあるので)

トンプソン(Thompson)は、ベルギーの石畳を走るためのロードバイク。

道の衝撃を吸収しながら、ぐいぐいと進む、強靭なフレームが特徴です。

カーボンフレームなのに、まったく壊れる気配がありません。

2015-10-07-15-06-59






ハッキリ言って、いままでカーボンフレームは好きではありませんでした。




だって、レースをするために作られたバイクは

レース毎に新しいフレームにするわけで、1レースでいかに速く走るかを追求されているので、

耐候性を考えたらアルミかスチールのほうがいいに決まっている、と思っていたので。



ところが、トンプソンはベルギーのあのガタガタのデコボコの石畳を走るために考えられていると

いうフィロソフィーから、強靭なフレーム作りの歴史(90年以上)があります。

国技として自転車競技を挙げることも多いそう。また、モトクロスも盛んだそう。

すなわち、日本でいう相撲のようなスポーツなんですね。

だから信頼性が違うのです。



下の写真のものは、

トライアスロンに出る予定なので、

いまはTT仕様になっていますが、

もとはロードバイクです。

3年乗っていますが、未だにガンガン進みます。



東京の街は、おそろしく道が悪い。

とくに、渋谷の大坂上から池尻大橋までは気持ちのいい下りのはずが、

凸凹加減が半端なく、

普通のロードバイクならめちゃくちゃ辛いですよね。

(この区間、アスファルトの粒のデカさは、ラオスのバンビエンからビエンチャン並に悪いです。国土交○省さんもODAなんかで海外の道を直してないで、国内をどうにかしなさいよ、というと炎上するので言いませんが)

トンプソンなら心配ご無用。いいしなりが衝撃を吸収し、渋谷で風になれますよ。
image

スリーピングパッドの話

!Hola!(こんにちは)



原稿もそろそろ仕上がって

校正という段階に来ております。

ここまでくるとホッとしますね。



とはいえ、

再び原稿依頼が来たので

頑張ります。

さて、スリーピングパッドの話です。

僕はこのスリーピングパッドが大好きで、

軽量で、寝心地の良いものを研究し続けること

35年(ウソ)

かれこれ、キャンパーになってから

いろいろ試してきていますが

それでも、

サーマレストのZ-LITE

イスカの全身マットレス

クライミットのスタティックV インシュレーテッド

イナーシャ X

といろいろと持っていて。



ところが、新作の

イナーシャX インシュレーテッドは

重さ279gと軽量で、

しかもインシュレーテッド。

つまり、中にプリマロフトが入っていてとてつもなく温かいわけです。

寒さが苦手な体脂肪率低い体の人もメイウェンティ!

もう全部の弱点を克服した

軽量保温スリーピングパッドなのです。

そしてサイズもコンパクト。350mlコーラ缶一つ半くらいかな。

自転車、モーターサイクルの旅にも最適です!!



image


Profile
Capture one 3078

山下晃和
(やました あきかず)


モデル (タイクーン所属)


アウトドア、ファッション、スポーツ、
バイク、クルマ、船舶、登山、
自転車系雑誌他、広告、WEB広告等
モデル業を中心に、   
トラベルライターとしても活動。
   

“旅”をライフワークに、オートバイや
自転車に乗って色々なところへ赴き、
写真を撮り、景色を見ては、人間
本来の生き方は何かを探し続ける
放浪旅人。
今まで訪れた国は38ヵ国以上。


中国・東南アジア・中米・南米、南アジアの22ヵ国、
約14,850kmを自転車で駆けた
旅サイクリストでもある。

初の著書
実業之日本社「自転車ロングツーリング入門」
が発売中。


“ファッション×旅”
が永遠のテーマ。

詳しいプロフィールは
Offcial Site
出演中のメディア等


Contact us
お仕事依頼は下記まで

株式会社 株式会社 大君

〒154-0012 東京都世田谷区駒沢 4-6-6 3F

TEL 03-5486-8721
FAX 03-5486-8722 まで。


top3


自転車ロングツーリング入門
twitter
Archives
Recent Comments
FINEBOYS +SUITS
画像1
自転車旅スタートブック
はじめてのキャンプツーリング
GARRR
magazine_hyoushi_b (2)
mono style outdoor
Bicycle NAVI 71
bn71_cover
Bicycle NAVI 52
latest_cover
体幹コアトレ集中読本
PEAKS No.3
mono magazine 711
03071149_531933ad060f9
TRAMPIN' vol.6
trm06w240px
MOTO NAVI
cover (3)
Bicycle Style Magazine
54
CYCLO TOURIST
_SL500_AA300_
MTB only
MMB_1301x
GO OUT vol.11
GARRRV
GARRRV
New cycling
自転車人
_SL500_AA300_
QRコード
QRコード
Categories
Instagram
  • ライブドアブログ