!Hola!(こんにちは)




先月、アメリカからNASMの資格取得証明書が届きました。

NASMとはNational Academy of Sports Medicineの略で、

運動生理学、解剖学、ファンクショナルトレーニングなど多岐にわたる内容で、

「スポーツすることが最良の薬になる。」的な

パフォーマンスアップをクライアントのために考える

パーソナルトレーナーの資格です。





昨年末の12月に、Rbody恵比寿の大岡さんに相談しに行き、

解剖学の本を教えてもらい、すぐに購入。




日ごろのボディメンテナンスのために、

また仕事でもスポーツ系やスーツ系の時に見栄えよく

モデルできるために始めたウエイトトレーニングも

いろいろなトレーナーの方から教えてもらったことや、

本、Tarzanを読んでなんとなくやっていただけでした。





よりしっかり学びたかったので、

この米国のパーソナルトレーナーの資格を目指すようにしました。






昨年末12月から3月までは

聞いたこともない言葉や、メカニズムなども多く、悪戦苦闘。。。




解剖学どころか、栄養学、運動力学まで

様々な内容に完全にやられました。




3月はNASM取得のスクールに通いました。

(今まではアメリカだけでしたが、Rbodyアカデミーで

国内でも受けられるようになりました、僕は第四期生だったかな)





ところが、周りの生徒さんがみなスポーツトレーナーとして活躍されていたり

理学療法士さんだったり、ヨガの先生だったり、

誰一人としてモデルなんてのは居なかったので、

かなり、かなーり後方スタートとなりました。




もう、分からないことだらけ。

けっこう質問多かったですね、僕は。

八田先生に聞いてばかり。皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。





それでも、急ピッチで走ったおかげか

5月にようやく取得できました。

これが証明書です。
IMG_5942






日本語翻訳のテキストもあるのですが、

スポーツ別のトレーニングプログラムはすべて英語。

これまた勉強しがいがあります。



大人になってから勉強すると

なかなかアタマに入っていかないと言いますが、

まさにそうで、すぐに忘れてしまいますし、

他に考えなくてはならないことがあるので、

それだけに集中できないというか。





雑誌の連載の企画も考えないとならないし、

モデルとして昼間は動いていて、

休みの日に原稿を書くスタイルだと

時間が全くないんですよね。






それでも、周りの支えもあって、

事務所には月曜休みをいただいて、(無理言いました、ごめんなさい)

結果、取得できたのでホッとしています。





これから少しずつトレーニングのことや

パーソナルトレーナーとして活動するかも(?)なので、

発信していこうと思っています。



まずはプロテインで乾杯!
IMG_6168