!Hola!(こんにちは)



前回から続く。

トロピカーナフィールド編ですが、

そろそろ最終回にしようと思っています。




そもそもなぜタンパベイレイズのファンなのかというと

Kevin Kiermaier(ケビンキアマイアー)選手のことが好きだからですね。


2015年のゴールドグラブ賞を受賞しているのですが、
過去最高値のポイントで選ばれた
数字通りの地球上で最上級の守備力なんです。

とにかく美しいんですね。動きが美しい。
アートだと思います。身体能力が高い。

そして、ちゃんと打球方向の研究をしていて
独特の守備位置を取り、ものすごく足が速い。
そして、正確でとんでもないスピードのスローイング。
100マイルバックホームなんて書かれるほど。

つまり160km/hの速さでホームまでノーバウンド返球してしまうんです。

もちろん、チームの顔である
イバン ロンゴリア選手も好きですが。

Kiermaierを見たいという気持ちでした。



ところが、6月の試合。
CF守備のときにダイビングキャッチをして、
左手首を痛めてしまい、
ものすごく痛々しい動画です。




欠場でした。

これは、ショック極まりない事実です。

オールスター後、すなわち最近復帰したので、
嬉しいニュースでしたが。
いまはきっと活躍が見られますね。
しかし、当の本人はもう東京です。



彼が居ないトロピカーナフィールドは

残念でなりませんでしたね。




さて、ぐるりと球場を回っているところでしたが、

こんなレディース向けのスウェットは可愛かったです。

たしか47というブランドだったような。

お土産用のTシャツを出すブランドで、帽子や、ウエアなどもたくさんあって

現地では人気あります。
image





トロピカーナフィールドは

MLB(Major League Baseball)でも珍しい密閉式で人工芝のドーム。

じつは日本ではこの密閉型で人工芝のドームがほとんどで、
東京ドーム、名古屋ドーム、大阪ドーム、札幌ドーム、ヤフオクドーム、西武ドーム。
たくさんあります。

日本は雨が多いからでしょうね。

あとアメリカは天然芝にして、選手の膝や身体をケアするという考え方もあるようです。

日本も最近は毛足の長い人工芝に変えておりますが。

image


屋根も美しいです。



かくいう僕は

人工芝よりも天然芝が好きですね。

伸びっぱなしの芝生はあまり好きではないですが、

きれいに整った芝生のグランドはたまらないものがあります。

三鷹のグラウンドとかが好きですね。神宮軟式もわりと。


世田谷公園の人工芝はどうにかなんないですかね。

すぐユニフォームが黒くなってしまうし、塁の上が人工芝なんですよね。

怪我の原因になります。

塁の上は土がいい。



話がそれましたが

変形球場ではあるものの、東京ドームに似ているような

グラウンドです。
image






そして、みなさまが気になっている食べ物ですが、

タンパ名物のキューバサンド!

Cuban sandwichです。たしか13.99ドル。

おーさすが、ボールパークのサンドウィッチは高いなあなんて

躊躇していたのですが、

なかなか食べに来られないと思って、

清水の舞台から飛び降りる気持ちで

クレジットカードを財布から出しました。

で、ドーンと。
image



へ??

2個?えーと、僕は1個だったんですが、と思って周りを

見渡すとなんだか2個入っているみたい。

こちらではSUBWAYでも、

フットロングが当たり前で、6インチを頼んだら、

「そんな小さいので良いのか?ボーイ」と笑われましたからね。

おそらく、ボーイと言った君は20代で、僕は36歳のおじさんなんですけどね。(マイアミでの出来事です)



もしゃもしゃを剥がすと、

このボリュームです。

美味い!!タンパで食べたキューバサンドのどれよりも美味い!

これは食べておく価値大アリですよ。

マスタードがたっぷり入っていて、パンもフランスパンではなく

キューバサンド用パンってのがあって、けっこう柔らかいです。

肉、ハム、チーズとシンプルながら、フロリダらしい味です。
image




アメリカでは、

ほぼこんな感じのボリューミーなご飯や

でっかいデニッシュや、ベーグルなど

アメリカならではのファットな物を食べておりました。

おそらく、ハイカロリーだったと思うのですが

いかんせん、一日120km平均で自転車移動していて、

高温多湿で汗ビッショリ、重さは25kgくらい車体と合わせてあったので、

みるみるうちにやせ細ってしまい。

体重は激減。下半身は筋肉がついたものの、上半身は落ちてしまったので

タンパというかアメリカのフィットネス事情を勉強しにいったときに

教えてもらって、上半身トレだけやりました。



さて、最後に自分の座席から右手の景色。

エイタッチこと、名物の水槽です。

敵チームのエンゼルスのトラウトファンが座っていましたが

僕はセンターに近いケビンキアマイアーがよく見えるところを

取ってしまい、ブランドン ガイヤー選手がよく見えました、、、

ガッデーム。
image





以上、トロピカーナフィールド編はここまで

次回はまたタンパ編をお送りします。