!Hola!(こんにちは)



IRCタイヤは90周年イベントをやったそうです。

愛知県でオフロードスクールとフリーライドを。

改めて、90周年おめでとうございます!



僕はいけませんでしたが、

東京モーターサイクルショーでコラボさせていただきました。




そう、セロー250の

履いていたドロドロのタイヤはホワイトレタリングされていて。






IRCタイヤのBR99でした。

image






このタイヤがとてつもなく優秀でして、

21412km⇒やがて28000kmまでモチました。

すなわち

およそ7000kmを走破したことになります。

キャンプツーリングなど重戦車並みの積載や

東京から石川の往復などの超絶ロングツーリング

をしてしまったので、

都内から山への林道ツーリングだけであればもうちょっと伸ばせたハズ。




当初パターンを見て、あまりにも隙間が広いので

3,000km持ったらいいなあくらいの感覚でしたが、

結局、8,000km持つと思えば

かなり優秀と言えます。




なにより見た目がカッコイイのなんの!
image




このパンチの効いたトレッドパターンは惚れます。

美し過ぎです↓
image




それともう一つ素晴らしい長所が

なんと、このタイヤで転倒ゼロです!

今まで数多くのオフロードタイヤを履いてまいりましたが

(以前乗っていたSL230にも数多くの種類のタイヤを履かせました)

転倒ナシは初めてです。



たいてい林道やコースですっ転んでますからね。

アルパインスターズのプロテクター完備なんで、ケガはしませんが。

さすがエンデューロタイヤ!

グリップが最後の最後まで素晴らしく、

セローオンリーの撮影のときのマッド路面でのフロントアップや、

ドロドロのシャビシャビだった富津SSなどでも、コケなかったくらい凄かった。

ラリーも完走できたし、数々の林道ツーリングでも安心して走れたため

自分のテクニックが上がったかもという錯覚さえしました。




ミシュランのT63も見た目デザートタイヤをモチーフにしてあって

カッコよかったのですが、BR99はそれ以上にスパイキーでした。

image


でも、

もう限界でしょう。

次はちょっとだけ舗装路向けのものを試したいなあと

思っております。

ちなみに

IRCのトラタイヤのツーリストは、個人的に見た目があまり好きじゃないんですよね。

dropmotoというインスタグラムで見られるようなタイヤがイイなあと思っていたり。





スピードスターに行かなきゃ。

行きつけのタイヤ屋さんです。

さあ、何履かせようカナ!