自転車旅

フロリダ半島自転車旅 その10(Tropicana Field2編)

!Hola!(こんにちは)



タンパベイ・レイズの本拠地

トロピカーナフィールドについての続きです。

Uberというスマホアプリで配車してもらい、

タンパのダウンタウンから30〜40分かけてセントピーターズバーグまで来ました。

ここもダウンタウンがあり、セントラル(球場からは徒歩で約20分)にはスタバもありました。





トロピカーナフィールドをぐるりトリップしていきます。

1塁側がレイズ側。

yakyujyo.comのサイトによると

センターが123.1m、レフト96m、ライト98.1mの変形球場だということが分かります。

つまりライトが頑張らなくてはならない球場ですね。多少ですが。

フェンスもMLBにしては高めで東京ドームくらいはありました。

たまたま相手がエンゼルスでトラウト選手が目の前だったのは感動です。

メジャーでも大人気のパワーヒッターです。






さて、

まずは入口。

image


トロピカーナのジュースやレモネードが飲みたくなるほど

日差しが強くて、7月ならではの高温多湿具合。

真ん中はエバン・ロンゴリア選手です。

バッティングも広角で打てて、守備も素晴らしい長期契約選手。三塁手。

チームの顔です。




地図はコチラ。全体的に広いです。

バックスクリーン右寄りにはエイが泳ぐ水槽。

通称アクアリウム。もしくはエイタッチコーナーがあります。

長蛇の列でした。大人気です。

子供にですかね。大人も触ってましたが。

これは、また次回写真載せます。
image



チケットは様々。安いのは17ドルから高いのは100ドル超えも。

球場に入ったら席のチェックしていなかったので、空いていればどこでも座れそうでしたが、

そこは律儀な日本人なので、ちゃんと座りました。




入口にはセキュリティチェックがあり、マーリンズパークでは荷物が大き過ぎて

一回ダメと言われましたが、今回は

難なく通過。一応カバンに金属探知機みたいなものを当てられました。

学習したので軽装でした。

この日は独立記念日だったので、そのチェックだったのかもしれません。




中に入ると、

右にも左にも外側通路があり、右手すぐにはグッズショップとレストラン。

Majesticショップもありました。今年は、日本でもスワローズやライオンズが採用している

アメリカのユニフォームメーカーです。

現在読売ジャイアンツがアンダーアーマーと契約をしていたり、北海道日本ハム

ファイターズがミズノと契約をしていたり、チーム毎にブランドが

違うのですが、アメリカはほぼこのMajesticというブランドの物が主流です。


以前ライオンズがNIKEを採用していたころのスウォッシュ入りが一番好きですね。

つまりNIKEが好きです。

でも、

草野球ではデサントが好きですね。伸縮性があって、強度があって、イチロー選手みたいに

ローカット用のソックスに合わせるライン入りのショートモデルがあって、ちょうど良いからです。

帽子は近年NEWERAでも作れますが、それに似た安いやつならSSKで作れますね。

いわゆるアメリカンという形です。

草野球グッズマニアでもあるので

この辺はものすごくウルサイですよ、僕は。

機能と見た目とかなりこだわります。なので人からはウザイと言われます。



さて、話を戻すとレストラン。

そう、有名なレストランみたいですね。BREWHOUSE

映像が流してあったり、どうやら美味いビールが飲めるらしい。

image



お土産グッズ類は、

日本の球団ショップと違って、部屋に飾ってもカッコイイものばかり。

インテリア系だったり、普段使う飲み物用のボトルだったり、

キーホルダーだったり、とにかくお金を使いまくってしまう危険さえあります。

僕はおそらく2万円分くらい買い込みました。友達のお土産も含め。




2008年からそこそこ強い球団で、2013年にもワイルドカードまでいっています。

ちなみに今年は弱いです。
image






入って右の真ん中くらいにはNEW ERAショップもあって、

珍しい帽子やTシャツが売っていました。

日本では売っていないものがほとんどでしたね。

僕はNEWERAキャップマニアでおそらく100個以上はコレクターとして持っているのですが

さらにまた買い足してしまう始末。ほとんど病気、、、。



マイアミマーリンズのマーリンズパークでもけっこう珍しい帽子やTシャツありましたが、

イチロー選手が居るだけあって、わりとグッズは日本にも入ってきていますからね。

写真は興奮し過ぎてブレました。
image





バックスクリーンにはNEW ERAのスポンサー広告も。
image



アメリカではほぼ全球団がNEW ERA製です。

日本では横浜DeNAベイスターズが採用しております。

もちろん日本でもお土産コーナーではクラシックな帽子やお洒落なデザインのものは

NEWERA製もあります。

アメリカではお土産用にはNIKE製もそこそこありました。




ライト側のトロピカーナマークにはデカイ電光掲示板もあって

球場を華やかにしています。

バックスクリーンの上部にはポーチというスタンディングでビールが飲める場所があって

そこから眺めている人も居ましたね。




この日は独立記念日特別カラーのユニフォームで

プレーしていました。

このあたりの演出もさすがはMLB。

日本でも数年前からレジェンドシリーズとして、旧型ユニフォームを採用したり、

ホリデーカラーを作ったり、真似てきましたね。

あくまで真似ですが。嬉しいです。

北海道日本ハムは今年

北海道新幹線カラーのグリーンユニです。

もちろんGETしました。





ということで、まだつづく。

フロリダ半島自転車旅 その5(CAMP、キャンプ編)

!Hola!(こんにちは)




フロリダ半島自転車旅と言っておきながら

自転車関連の情報を載せていなかったのですが、

ここらで自転車情報を載せておこうと思います。



飛行機輪行はBIKE-SANDを利用しました。

飛行機輪行でトラブルがなくなります。

2戦2勝。今のところノーダメージ!

今回は、泣く泣くマイアミで捨ててしまいましたが

ダンボールのみのタイプなのでまだ我慢できました。

ナイロンケースは捨てられないくらいもったいないですからね。




そして、

マイアミには自転車屋さんがありました。

中を覗いていないのですが、

サウスビーチには一軒良さそうなところアリ。




マイアミ全体の移動で言うと、サウスビーチからダウンタウンへの橋があり

自転車が走行するバイクレーンがあったので

おそらく通行可能だと思います。





image







マイアミからの脱出は国道27号線を使いました。

image




というのもフロリダ半島は、

東海岸と西海岸に分かれていて

東海岸は、マイアミから続くリゾートエリアが広範囲であって、

街の連続だと思いました。West Palm beachまでが特に。

地図を見てですけどね。

そして、東海岸もNaples、Fort Myers、Sarasota、Bradentonと

Tampaまで続き、ほぼ街なんですね。




だとしたら、ど真ん中の道はというと

Wildlife Management Areaとあって

ほとんど大草原だったり、牧場だったり、荒野だったり

といった自然の中を走れるのでは?

という考えからです。




とはいえ、フロリダ半島は山が無いので

大きな山越えはありません。

また、街の間隔も150km走れば、それなりの街、いや町に到着するのです。





景色としては、ほぼこんな感じ。

image


Cypressというところを多く進みました。

Cypressはイトスギという意味で翻訳されますが、

僕が意訳するとしたら、サバンナ的な草原地域と略すでしょう。



場所によっては、

お店というお店が無いところもありますが、(とくにマイアミからサウスベイまでは少なかったです)

町があれば必ずモーテル、ガソリンスタンドはあります。

image



ガソリンスタンドには必ずコンビニエンスストアなどが併設されていて、

クーラーが効いていて本当に癒されました。

東京では都会人間ですからね。






町にはキャンプ場というかRVパークがあって

そこでキャンプしました。

image


だいたい10ドルから25ドルの間。

Power(電源)もあり、シャワーもあり、コインランドリーもあるところまで。

とにかく芝生が快適です。

本来はRVパークなので、キャンピングカーが泊まる場所ですが、

自転車もウェルカムでした。



むしろ「よく来たね〜!」的な優しさまで感じました。



アメリカは治安が良いです。

フロリダは全米でも犯罪が多いと言われますが、

それでも、今まで行った東南アジアや中南米に比べれば雲泥の差です。

テントの中にある程度荷物を置いて

スーパーに行ったり、コンビニ的なショップに行ったりしました。

もちろん、財布やカメラは持ち歩きましたけどね。




荷物はすべてオーストリッチの特大パニアに入れました。

ほかにもたくさんサイドバッグ、パニアバッグはありますが、

74リットルと大容量で、

上から吊り下げ式なので、キャリアに対してのダメージが少なくてすみます。

フックタイプのものは取り付けは簡単なのですが、

NITTOのキャンピーの枠の部分に負担がかかるので

壊れてしまうケースが予想されるからです。

中も軽量化と左右のバランスを整えてパッキングしましょう。

そうすれば、壊れることなくずっと積載できます。

中南米11カ国も、インド、ネパール、バングラの3カ国もこれで走りました。

となると14カ国も旅をしていることになりますね。

それでも壊れないのはすごいの一言。

裏生地にターポリンが貼ってあるので雨も気になりません。

表面の雨が気になる人は専用のレインカバーもあります。

完全防水になりますね。










そんなふうにキャンプ場を転々として

節約ツーリングをしました。

サウスベイ、レイクプラシッド、ワウチュラ(ここはモーテルを利用)

リトルマナティーリバーの3箇所にテントを張って寝ました。



星空もキレイでしたし、空気もキレイでした。

そのことはまた続きで書きます。





途中の道ではショルダー(路肩)がちゃんとあって

走りやすかったです。

でも、タイヤの破片がたくさん落ちているところがあって

踏むとパンクしてしまうので、少しヤキモキしました。

これは、メキシコ、グァテマラ、エルサルバドル、ペルーなんかもそうでしたが、

車検が無い、もしくは緩い国のトラックはタイヤがバーストしてしまって

そのまま落ちているというケースがあるんです。




日本はちゃんと片付けるので、そういったところが少ないですが。




キャンプ場でもちゃんとクレジットカードが使えるところも

アメリカらしいなあと思いました。

VISAとMasterのステッカーはよく見ましたので、

現金がなくなっても安心してくださいね。




つづく。


最後に宣伝。

るり渓温泉にできました

京都のグランピング施設

GRAXがオープンしました!(グラックス)

家族モデルとして仕事しました。

まるで本物の家族でしょう?
image








送料無料 オーストリッチ パニアバッグ 特大 ベージュ
送料無料 オーストリッチ パニアバッグ 特大 ベージュ
Profile
Capture one 3078

山下晃和
(やました あきかず)


モデル (タイクーン所属)


アウトドア、ファッション、スポーツ、
バイク、クルマ、船舶、登山、
自転車系雑誌他、広告、WEB広告等
モデル業を中心に、   
トラベルライターとしても活動。
   

“旅”をライフワークに、オートバイや
自転車に乗って色々なところへ赴き、
写真を撮り、景色を見ては、人間
本来の生き方は何かを探し続ける
放浪旅人。
今まで訪れた国は38ヵ国以上。


中国・東南アジア・中米・南米、南アジアの22ヵ国、
約14,850kmを自転車で駆けた
旅サイクリストでもある。

初の著書
実業之日本社「自転車ロングツーリング入門」
が発売中。


“ファッション×旅”
が永遠のテーマ。

詳しいプロフィールは
Offcial Site
出演中のメディア等


Contact us
お仕事依頼は下記まで

株式会社 株式会社 大君

〒154-0012 東京都世田谷区駒沢 4-6-6 3F

TEL 03-5486-8721
FAX 03-5486-8722 まで。


top3


自転車ロングツーリング入門
twitter
Archives
Recent Comments
FINEBOYS +SUITS
画像1
自転車旅スタートブック
はじめてのキャンプツーリング
GARRR
magazine_hyoushi_b (2)
mono style outdoor
Bicycle NAVI 71
bn71_cover
Bicycle NAVI 52
latest_cover
体幹コアトレ集中読本
PEAKS No.3
mono magazine 711
03071149_531933ad060f9
TRAMPIN' vol.6
trm06w240px
MOTO NAVI
cover (3)
Bicycle Style Magazine
54
CYCLO TOURIST
_SL500_AA300_
MTB only
MMB_1301x
GO OUT vol.11
GARRRV
GARRRV
New cycling
自転車人
_SL500_AA300_
QRコード
QRコード
Categories
Instagram
  • ライブドアブログ