Tampa

フロリダ半島自転車旅 その16(タンパ国際空港編)

!Hola!(こんにちは)



フロリダ半島自転車旅もいよいよ最終回です。

いろいろと情報が少ないなか

現地を歩いて、人に聞いて

調べてまいりました。



この情報が「Tampa」「タンパ」「タンパ観光」「フロリダ」「フロリダ自転車旅」

で検索してヒットしたら

いいなあと思う気持ちで書きました。

観光ガイド本を作りたいという夢はありますが、

そうなると、1年では足りない作業になってくるので、

インターネットで情報を発信するのが一番ですし、

なにより無料ですからね。




最後は、東京へと戻るために行った玄関口

タンパ国際空港について

です。英語表記Tampa International Airport そのままですね。

スリーレターコードはTPA。



天井が扇形になっていて、

白い棒で構成されていて、おしゃれでした。

タイのスワンナプーム国際空港に似ていますね。
image



それほど、広く無いのですが、

レストランの手前にはスタバが人気で

並んでいる列もありました。


どうやらタンパの空港はパブリックアートプログラムという

システムで公募していて、

自分の作品を展示できるようです。


アーティストの方は

応募して、世界的に発信するのもいいかもしれませんね。


Chili's Tooというメキシコ料理のお店に入りました。
image

早朝も早朝だったので、あまり食欲は無かったのですが、

最後のご飯なので、なんとなくメキシコ料理頼んでしまいました。
image




さすがは、アメリカのメキシコ料理。

デカイです。




タンパ国際空港は

ダウンタウンの東側にあります。

街からは近いです。

Uberで16.98ドルでした(およそ1698円です)


セントピーターズバーグにも空港がありますが、

こちらはだいぶ遠いのでお気を付けください。



ショップで見つけた雑誌は

かなり良かったです!

アメリカ物特集といった感じですかね。

おそらく僕らの30代中旬で一気に意見が分かれるところで、

僕らよりも上の世代はアメリカに興味があり、

下の世代はそもそも海外に興味がないというところなんでしょうけどね。
image







1年間で最低でも4回は海外に行きたいですよね。仕事でも、遊びでも。

というのは僕の放浪癖から来るのですが。

ということで、日常ブログに戻ります!




長い間ありがとうございました。

フロリダ半島自転車旅 その14(タンパ観光、Tampa編)

!Hola!(こんにちは)




暑い日々が続きますが

体調崩されていないでしょうか?




僕は、あっちこっちに飛び回っていて

家に居る時間がなかなかありません。

このブログは予約投稿等をしつつ、

連続的に更新しておりますが、

それも追っつかないくらい

多忙になってまいりました。





それでも、なんとかかんとか時間を見つけて

筆を取っている次第です。






なぜ、こんなにもタンパ情報をアップしているのかと言うと

タンパが本当にいい街だったからです。

僕の中で街基準がありまして、




比較的1年中気温が高いこと

自転車フレンドリーであること、

有名なカフェがあること、

ファッショナブルであること(街自体も、人も、店も)、

独自(独特の)文化があること

素敵な宿があること



この条件を満たしたらA基準です。


その基準値は、

A住める

B何度も旅したい

C一度は旅したい

D普通

E二度と行きたくない




それにプロの野球チームがあること



が加算されると 特S になります。

これがタンパなのです。




それなのに、極端に観光の情報が少なくて

日本人が旅をするのにはハードルが高いように思いました。

インターネットでもなかなか分からない。

それならば、観光本を作ろうと思ったのですが

そうなると出版社に企画書を持ち込んで、

取材に行って、

早くても1年後です。




そんな遅い情報は

旅行者にとって、もはや価値が無くなってしまう可能性がある。

そう思ったのでブログで検索されて引っかかるように

Tampa タンパ と同時に表記しておきました。




できるだけ英字も入れることで

現地で有効に情報を共有できると思ったので。




下の画像はHARTというバスです。

街の中を細かく走っているので、何かしら目的地まで行けると思います。

20160705_120347


それでも、無理なところは

自転車とHART、

自転車を持っていない場合は、Uberかレンタサイクル。




もしくは、自転車を買って持って帰るというのも

おしゃれかと思います。



僕が大変お世話になったバイクショップは、

JOE HASKIN'S BIKE

2310 N Florida Ave, Tampa, FL 33602


(813) 229-8409

です。


IMGP1676


IMGP1682


20160705_091934


老舗中の老舗といった感じで、

職人気質のオーナーとフレンドリーなショップスタッフ。

帰りの段ボール箱もここで予約しました。

宿Gram's Place Hostelからはすぐです。




もう一つは

タンパのダウンタウンにある

CITY BIKE TAMPA

212 E Cass Street

Tampa, FL

Phone: 813 225 1777



という

自転車屋さん

ロードバイクよりもクロスバイクやコミューターといったお洒落なバイクが並んでおりました。

また、オリジナルのTシャツや

サイクリングジャージが格好良くて、

レディースの迷彩がSALEしていたけれど欲しかった。

サイズたぶん合うんですよね。アメリカ人のレディースサイズなら。

IMGP1750


BROOKSのサドルもラインナップ
IMGP1758


革小物もお洒落で、こちらはワインキャリー。
IMGP1761


革小物は、

FYXATIONというミルウォーキーのブランドですね。

面白かったです。

カゴにTAMPA PIZZA COMPANYの箱が載っていたのは

素敵でした。

遊びゴコロ。これ大事です。特に自転車屋さんは!!



ほかにFlying Fish Bikesというお店もあるようです。

ここは行っていないので、

ぜひどなたか調査してみてください!



フロリダ半島自転車旅 その11(トロピカーナフィールド3編)

!Hola!(こんにちは)



さて、前回もタンパベイ・レイズというチーム名なのにセントピーターズバーグにある

トロピカーナフィールドについて書きましたが

今回も続きです。



これが有名なエイが泳ぐエイタッチ。

もしくはアクアリウムというところです。

子供達は大はしゃぎ。

いや、自分もテンション上がりましたけどね。

だって野球場に水族館ってまず日本じゃありえないですよね。
image






とにかく、中を歩いているだけでも楽しいんですよね。

こんなトロピカーナの看板もあって、

思わず写真を撮ってしまいます。

東京ドームにある財○の広告とは比べ物にならないほど

かわいい。
image





ここの四人がけテーブルみたいなところはなんだったんでしょう。

おしゃれに見えました。

しかもスペースがけっこう広いから行ってみたかった。。。

ブルペンから近いから投球練習が間近で見られますね。
image






こちらは、ポーチの真裏に入口がある

テッドウイリアムス博物館です。

世界中でも珍しい4割バッターの英雄です。

4割バッターはすごいですよ。ほぼ2回に1回はヒットですからね。

もちろんバットや、ユニフォームや、トロフィーが飾ってあるのですが、

中には王貞治選手の写真やイチロー選手、松井秀喜選手、岡島秀樹選手の写真もありました。

気になったのがバッティングの科学。読みたい。。。

image






さらに歩くと、バッティングケージがありました。

子供が練習していたので、キッズ向けかもしれませんが

面白いですね。だって野球場で野球の練習がプロ以外でも

できるって。

映像はトロピカーナフィールドではなくて、

ピッツバーグパイレーツの本拠地に見えなくもないですが、

選べるのかもしれません。
image




ということで、さらに続く。

マニアックな野球の話なのでご興味無ければ

すっ飛ばしてくださいね。
Profile
Capture one 3078

山下晃和
(やました あきかず)


モデル (タイクーン所属)


アウトドア、ファッション、スポーツ、
バイク、クルマ、船舶、登山、
自転車系雑誌他、広告、WEB広告等
モデル業を中心に、   
トラベルライターとしても活動。
   

“旅”をライフワークに、オートバイや
自転車に乗って色々なところへ赴き、
写真を撮り、景色を見ては、人間
本来の生き方は何かを探し続ける
放浪旅人。
今まで訪れた国は38ヵ国以上。


中国・東南アジア・中米・南米、南アジアの22ヵ国、
約14,850kmを自転車で駆けた
旅サイクリストでもある。

初の著書
実業之日本社「自転車ロングツーリング入門」
が発売中。


“ファッション×旅”
が永遠のテーマ。

詳しいプロフィールは
Offcial Site
出演中のメディア等


Contact us
お仕事依頼は下記まで

株式会社 株式会社 大君

〒154-0012 東京都世田谷区駒沢 4-6-6 3F

TEL 03-5486-8721
FAX 03-5486-8722 まで。


top3


自転車ロングツーリング入門
twitter
Archives
Recent Comments
FINEBOYS +SUITS
画像1
自転車旅スタートブック
はじめてのキャンプツーリング
GARRR
magazine_hyoushi_b (2)
mono style outdoor
Bicycle NAVI 71
bn71_cover
Bicycle NAVI 52
latest_cover
体幹コアトレ集中読本
PEAKS No.3
mono magazine 711
03071149_531933ad060f9
TRAMPIN' vol.6
trm06w240px
MOTO NAVI
cover (3)
Bicycle Style Magazine
54
CYCLO TOURIST
_SL500_AA300_
MTB only
MMB_1301x
GO OUT vol.11
GARRRV
GARRRV
New cycling
自転車人
_SL500_AA300_
QRコード
QRコード
Categories
Instagram
  • ライブドアブログ